院長のブログ

NIPT(母体血胎児染色体検査)を開始します!

2022年10月3日 / お知らせ, 種村せんせいの日記

本日よりNIPT検査のご予約受付を開始します。
母体血胎児染色体検査や非侵襲性出生前遺伝学的検査などとも呼ばれる検査です。

現在クリニックのホームページ自体を更新中のため、正式なご案内ページは後日となりますので、まずはこちらへのご案内となります。

 

<NIPT、母体血胎児染色体検査を希望される方へ>

当院は、出生前検査認証制度等運営委員会(https://jams-prenatal.jp/)において、非侵襲性出生前遺伝学的検査(NIPT)を実施する連携施設として認証されました。(認証登録開始日令和4年9月26日)

妊娠9〜15週(推奨は11〜14週)頃に母体の血液を採血し、ダウン症候群(21トリソミー)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、13トリソミー(パトウ症候群)の3つの先天性疾患の可能性を調べます。

検査の前に、本人と夫(パートナー)での遺伝カウンセリングの受診が必要です。

この時に、超音波専門医でFMF認定NT スペシャリストでもある院長が、胎児の超音波検査(胎児ドックではありません)も実施しますので、一緒に超音波検査を見ていただくことが可能です。

夫(パートナー)の来院が難しい場合には、オンラインでのカウンセリングへのご参加も可能です。

*検査費用について

初回の遺伝カウンセリング(簡易な超音波検査を含む。約30分程度)

¥12,100(税込)

検査費用(結果は約2週間後。遺伝カウンセリング費用も含む。)
¥107,800(税込)

遺伝カウンセリング後に採血を行います。後日の採血も可能ですし、検査は見送りとなっても構いません。

夫(パートナー)と一緒に来院することが難しい方は、あらかじめNIPT説明/同意書をお送りいたします。

完全予約制ですので、診療時間内にお電話にてお問い合せ、ご予約ください。

 

TEL 052-799-6121
ページトップへ